忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/26 16:29 |
萌ゆる神の国  萌ゆる古事記

どうも、咲蘭です。

タイトルからぶっ飛んでますが、まぁ、本の名前です

1週間とちょい前...
2ちゃんねるの萌えニュース+という掲示板に行ったときの話
元素記号を擬人化した「エレメントガールズ」なる本を発見しまして
そのスレを見てたら、「萌える古事記」なるものがあるという
レスに行き当たりました。

まぁ、その時は大学の講義中だったんで、頭ん中に書き留めて自宅へ

で、ネットで調べてみると...

「萌え萌え英雄辞典」だの「戦乙女辞典」だの「どくそせん」だの
「萌え萌え魔法辞典」だの「三国志~萌え武将百花繚乱~」だの

が出てきてびっくり

で、面白半分で買いました。     ここまでは数日前に書いた内容です

で、これからが、新しい内容...

萌ゆる神の国

まぁ、神の国っていうぐらいだから日本のネタなんですけど
見ててビックリ、”この著者、結構右よりだな...!”と思いました。

個人的な意見 ”いいぞ、もっとやれ!”

この本は、靖國神社の事とか、日の丸・君が代の事とか、
憲法9条の事とか、その他諸々のことが書いてありました。

読んだ感想
どの内容についても、的を射ていると思われます。
資料もそれなりに有名なものが挙がってるみたいですし、
個人的に若干右よりなのもありますが、私としては
大絶賛な内容でした。
それにしても挿絵イラストの巫女さんがなかなかよかったです

萌ゆる古事記

著者、イラストレーターともに同じメンツでやっております。
いやー、萌ゆる古事記を読んで思った事

卑猥な表現を惜しげもなく使った古事記はある意味
あの天神(アマツカミ)の最上位にあるアマテラスを超えた
色々な意味で凄まじい本だな...と思いました。

「ほ○」とか「女○」とか出すぎ! 求婚の仕方が
「子作りしましょ」とか どこのすももももももですか?

で、一番最初の文章に”萌える”って単語が出ているのには
もう、びっくりを通り越して むしろ
萌えの原点は古事記と源氏物語だな...と
改めて感じました

正直、オタ共にこれを見せてやりたいと思います。
これは良い本です 日本のアイデンティティとかを思い出させてくれます

難しい単語が出ましたね...

では、最後の締め

”日本の文化は、儚さと無常観の上にあるとおもうんだ”

ではでは
PR

2008/12/02 19:24 | Comments(0) | TrackBack(0) | 雑記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<戦場の絆 Rev.2 | HOME | ストパンフィギュアがきたー>>
忍者ブログ[PR]