忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/19 05:20 |
魔法少女リリカルなのはStrikerS 24話 ”雷光~Thunder Light~”

まず注意 

ここは、ネタバレ要素しかありませんので、まだ見てない人、ないし楽しみにしている人は、
なるべく見るのを避けてください。見終わってからまた来ることをオススメします。
あと、ここに書かれている内容は、ニコニコ動画で書かれるコメクラスの内容ですので
軽く見てください。

アニメを見ながら、横でこの記事を開いてみると、更に面白く見れるかもしれません 

あらすじは公式から引用

あらすじ

かつてレジアスが進めていた「戦闘機人計画」。その現場に踏み込んだゼストとその部下たちは、スカリエッティにより「排除」されていた。レジアスとゼスト、共に正義を語り合いながら、いつしか揺らいでいった2人の道。後悔と苦しみの中、答えを求めるゼストの前で、レジアスはドゥーエによって刺殺されてしまう。そして、現場に訪れたシグナムとアギトが見たものは、すでに遺体となったレジアスと、破壊されたドゥーエ。後悔の中、無言で立ちつくすゼストだけであった。
一方、それぞれの場所で戦うライトニング隊は苦戦を続ける。悲しみを訴えるルーテシアに、戦いの中で懸命に語りかけるエリオとキャロ。2人の一撃で戦いは終結したかに見えたが、意識を失ってなお精神操作の解けないルーテシアの前に、ルーテシアの召喚獣たちは混乱し、暴走を始める。
スカリエッティのアジトでは、切り札「ライオットブレード」を起動するフェイトだが、スカリエッティの告げた残酷な現実と、絶望的な戦況に、数瞬、心が揺らいでしまう。
そんなフェイトに言葉を届けたのは、いまだ戦いを続けるエリオとキャロの2人だった。
想いを込めたその声に、フェイトは・・・・・・。


どうも咲蘭です。
また、前回のうpから時間がたってしまいましたね。申し訳ない

まぁ、そんなこんなで24話のレビューをうpします

今回のみどころはなんといっても

フェイト  vs  スカリエッティ・トーレ・セッテ

この対決ですね

今回は対決のときに挿入歌がはいりました。
いや~、なのはの曲って以外といい曲が多いですよね
いの☆すた とか えた☆ぶれ とか しく☆あん とか まし☆わん とか
Take a Shot とか BRAVE PHOENIX とか pray とか
まぁ、エンディングは空気嫁的な曲も多かったりしますけどね...

もはや、フェイトvsスカリエッティ戦のおかげで
個人的にはエロオとキャロが空気になってしまった感が
否めない状況なのであります (ヴィルヘルミナ・カルメル風に
出ている時間はフェイトと同じぐらいなのでありますが...

ライオットブレード...大刀ですなこれは (×太刀)

この回のフェイト...目が怖かったりするんですよね。あれは憎しみの目ですよ。
普段優しい人は、怒らせると物凄く怖いんですよね...
怒らせるとなのはより怖いんじゃないかと思われ...

なのは:冥王の怒り
フェイト:神の怒り

戦闘機人12人の体内にはスカリエッティのコピーが入っているらしいです
ウーノさん!そこで下腹部に手を持っていくものではありません!
あなた達はいいように孕ませられているんですよ!

フェイト:馬鹿げている...

フェイトさん正解!

そして、相変わらずどんどん崩壊していく作画...まぁ、ここはいつもの事だからおいといて
エロオとキャロの視線の方向がどこを見ているのかがわからないという酷い状況に...
作画さん、もう少し頑張りましょう。せめて、ななついろ☆ドロップスに負けないぐらいの作画じゃないと...

今回のフェイトさんはいつにも増して怖いです。特に目と言動が
そういえば、フェイトってキレた場面ってないですよね
初代なのは は無表情系だったし
なのはA's  は怒るようなシーンなかったし

開始17分ぐらいに、フェイトさんが覚醒します。

フェイト:オーバードライブ...真・ソニックフォーム

ここで、挿入歌「Pray」がながれます

これから、ハイパーフェイトタイムが始まります

フェイト能力値:装甲:E 機動:SSS 格闘:SSS 射撃:S

ちなみに真・ソニックフォームは双剣になってます

装甲は...薄い
露出度は...若干高め
エロさは...かなり高め
戦闘力は...やばい


フェイトさんの戦闘以外はかなり空気になってしまっている24話です

そして最後はスカリエッティをホームランして終わりです。

最後の最後でスーパーティアナタイムの続きが...
そして、一番最後のおいしいところをうばっていくスナイパー・ヴァイス

とまぁ、そんな話でした

なのは vs ヴィヴィオ は25話で出てくるから割愛
クワットロは存在自体がウザイから割愛


単純に要約
ハイパーフェイトタイム

では今回はこの辺で
ではでは

KBS京都では明日が最終回です
PR

2007/09/25 03:40 | Comments(0) | TrackBack(1) | アニメ

トラックバック

トラックバックURL:
品質評価 47 / 萌え評価 13 / 燃え評価 32 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 65 / お色気評価 9 / 総合評価 31レビュー数 91 件  レジアスは激しい後悔に苦しむ中、ドゥーエによって刺殺されてしまう。 現場に駆けつけたシグナムとアギトが見たのは、すでに遺体となったレジアスと、 破壊されたドゥーエ、そして無言で立ち尽くすゼストの姿だった。  一方、スカリエッティのアジトでは、フェイトが切り札・ライオットブレードを起動し 勝負に出ようとしていた。だが、スカリエッティが...
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン| 2007/09/26 18:34

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<魔法少女リリカルなのはStrikerS 25話 ”ファイナル・リミット~Final Limit~” | HOME | 魔法少女リリカルなのはStrikerS 23話 ”Sterne Streik”>>
忍者ブログ[PR]